音まで伝える食レポについて

食レポを行う際は味などを伝える事を必死に考えてしまう場合が多いですが、味だけではなく音まで伝えるようにしましょう。
音は食事の際にあまり関係無いと考えている方もいますが、音まで伝える事によってしっかりと練習をしている人間だと感じてもらう事ができます。
中には音がならない場合もあります。
麺類などを食べる際は食べ物から音が出ないので無理矢理リポートをする必要はありませんが、肉類の場合は鉄板などに乗ってくると音がなる場合もあります。
このようなような場合は音もリポートする事が大切になります。
なかなか難しい事になりますが、音を伝える際の表現もしっかりと学んでおくようにしましょう。
1つだけでは毎回同じ音の表現になってしまうので、2つか3つの種類の音の表現を持っていると役に立てる事ができるでしょう。
味や食感を伝える事はできる方が多いですが、音までは伝える事ができない方が多いので、しっかりと意識をして行動をしてみるようにしましょう。